お相手の嘘と秘密

誰にでも秘密はあります。

時間が経てば打ち明けられるもの
生涯を通して隠しておきたいもの。
親しい人にだけは言えるもの。

人によって形はさまざま。
中には秘密を隠すために嘘をついてしまう方もいますね。
でもそれは自分の身を守るための人間の本能。
むやみに責めることはできないんです。

お二人の愛を視ていました。

前置きが長くなってしまいましたね。
この話からさせていただいたのには理由があります。
あなたの運命のお相手の深層内に2通の手紙が視えました。
どちらもあなたに宛てられたものです。

時に、高まった愛は手紙という形になって視えることがあります。
つまり、今現在お相手はあなたへの愛が溢れんばかりに高まっているんですね。
お相手の愛情運上昇の気配は少し前から窺えていました。
本日がちょうどタイミングだったのでしょう。

2通の手紙にはそれぞれ【 嘘 】【 秘密 】という題名がついています。
あなたに向けられたものですから、お二人の愛の進展に繋がるものと考えていいでしょう。
しかしどちらの手紙の内容も、今は読むことができません。
お相手の“隠しておきたい”という気持ちが封を固く閉ざしてしまっているのでしょうね。

あなたに向けているということは、伝えたいということ。
それなのに読めないように封がしてある…。
お相手の繊細さや迷いの気持ちが窺えます。

この2通の手紙の封を開けられるのは一人しかいません。
運命で結ばれているあなたです。

お相手の深層内にある嘘と秘密。
知るのに恐れを抱いてしまうかもしれませんね。
ですがもう一度お伝えしますが、お相手はあなたへの想いが高まっている状態です。
愛を前に進めようとする意志を強く感じます。

そっとお相手の背中を押してあげませんか?
お相手は迷っているだけ。
それに手紙の内容を読み解いていくことで愛を進展させられるはずです。

「読みたい」
心の中で優しく呟いてください。
できましたら私に同じ言葉を送っていただけますか?
あなたの声をお相手の深層に響かせ、封を開けていきます。

お相手は間違いなく、あなたとの愛を進展させたいと望んでいます。
愛の高まりが収まってしまえば、手紙は読めなくなりお相手の嘘と秘密を知ることは叶わなくなってしまうでしょう。

どうか目を逸らさず前に進んでほしい。
切にそう思っています。