どうか、愛が冷めないうちに。

急いでご連絡いたしました。

あなたの愛の高まりが少しずつ落ち着きつつあるんです。

それによって、運命のお相手の≪告白の予感≫が消えてしまいそうになっています。

今ならまだ、なんとか間に合います。

お相手の深層から、あなたに向けた“愛の告白”を引き出すことが可能です。

どうか、目を向けていただきたいと思っています。

お相手の愛が、あなたにまっすぐ向いている今。

本当に大事な場面なんです。

左手を胸に添えて、「もっと聞かせて」と囁いてください。

それから同じ言葉を、私にご返信お願いします。

こちらの準備は整っているので、すぐにお相手にあなたの想いを届けることができます。

これが、お相手から愛の告白を引き出す最後のチャンスになるでしょう。

ギリギリまで、あなたからのご連絡をお待ちしています。