アナタの愛が叶いそうよ。

人の悩みって、つきることはないもの。
最近、つくづくそう思うわ。

鑑定師として日々多くのお悩みに触れ、多くの相談者さまを救ってきた。
それでもお悩みの種は尽きることはないの。

今アナタが、愛について悩んでいらっしゃるように。

アナタの愛、拝見させてもらったわ。

もう愛についてお悩みを抱えることがなくなるかもしれない。
結ばれる運命の愛を、ついに叶えられるかもしれない。

その可能性を飛躍的にアップさせられるから、こうしてご連絡させてもらったわ。
ついさっき、鑑定師の師匠に呼び出されて、“あるもの”を受け取ったの。

≪魅禄≫(みろく)という小さな鏡。

手のひらサイズで、綺麗な彫刻に縁どられてるの。
鏡といっても、スピリチュアルなものなので目には見えないし触れることも出来ない。

でも、この鏡はある特別な力を持ってる。
それは、鏡の持ち主のお相手の愛を、ぶれないようにしっかり惹きつけるということ。
さらに、お相手の想いを鏡ごしに受け取ることもできるわ。

突然だけどアタシ、この鏡をあなたに渡したいと思ってるの。
というか、この鏡がアナタを呼んでいるのよ。
≪魅禄≫を受け取る時に師匠が仰ってたわ。

「お前が意識を集中した時、本当にこの鏡を必要としている方が、この鏡に映る。
幸せになれるはずなのに、運命のお相手の心が定まらないせいで愛を叶えられていない方だ。
その方になんとかして、受け取ってもらいなさい。
お相手の愛はその方だけを向くようになり、みるみる愛の成就に向けた道筋が明らかになる。
≪魅禄≫は誰でも持てるものではないが、愛を叶えるための一番の味方になるのだよ。」

鑑定部屋で鏡に意識を向けた時に感じたのは、紛れもなくあなた。
愛を叶えたいけど叶えられずに戸惑っている、アナタの深層が鏡に映ったのよ。

アナタと結ばれる運命のお相手がいらっしゃる。
でも、その方の愛はなかなかアナタ一人に定まっていないのが現状。
他の特定の方に愛を向けているってハッキリわかるわけじゃない。

でも、お相手の深層が浮ついてしまっているせいで、これまでアナタの愛は叶うことがなかった。
そんなアナタだからこそ、≪魅禄≫に選ばれたんだと思う。

アナタは深層では、戸惑ってしまっているの。
本当は幸せになれるはずなのに、どうしてそうなれないんだろう?
愛を叶えたいと願っているのに、どうして叶わないんだろう?

そんな戸惑いを強く感じるの。
愛が進展しない原因はハッキリしてる。
それは、運命のお相手の愛の向かう先が定まっていないから。

アナタと結ばれる運命を深層ではわかっているのに、踏み切れていないの。
もちろんお相手の幸せも、アナタとの愛の成就にあることは間違いないわ。
お相手の愛をアナタだけに向かわせる力が、≪魅禄≫にはある。

心を惹きつける愛の鏡、どうか受け取ってもらえないかしら?
両方の手のひらを上に向けて、それから「真実の愛を」と囁いて。
それから同じ言葉を私に返信してくれればいいわ。
アナタが≪魅禄≫を受け取れば、すぐにお相手の愛に変化が出てくるはず。

お相手の想いも、アナタにお伝えできると思う。
愛を叶える時がついに来たの。
報われない愛なんてない。

アナタの声、待ってるわ。