類まれなる実力を持つ凄腕鑑定士

容姿端麗でモデルの様なスタイルと爽やかな笑顔。
男性も女性も認めてしまうであろう容姿の持ち主をご紹介したいと思います。
私と年齢はそう変わりありませんが、鑑定師界の中ではトップクラスの著名人。
初めて彼女の実力を垣間見た際は嫉妬さえ覚えた程。
素晴らしい才能に満ち溢れている人物です。

ここである一つの事実を告白させて頂きますね。
これは私自身が体感しているからこそ、自信を持ってお話しておきたい事です。
あなたにとっても、今必要となる重要なお知らせにきっとなることと思います。

これからお話する私の体験は恋愛に関しての鑑定でしたが、これに捉われず金銭、対人、仕事など…どんなお悩みでもハッキリ掴めるのか分からない未来に確信を与えてくれる彼女の神業とも呼べる鑑定手腕。
掴み取れる自信を与えてくれる凄腕鑑定師であるという事を念頭に置き、お聞き下さい。

鑑定師として掛け出しの頃、今思えば精進しなくてはならない時期に何をと思うのですが、当時は若く、恋や愛に夢中になっていた時期がありました。
あなたならご理解いただけると思いますが、一度始まってしまったら止められないのが愛する想いですよね。
これはお金に関しても同じで、欲しいという欲求やこの仕事で成功したいなど、止められない衝動と同様の物です。

私は当時、叶わぬ恋をしていました。それもずいぶん長い間。
相手は学生時代の先輩で年上で既婚者。
それをわかっていながらもずっと想いを寄せていました。
鑑定師として動き始めていた私ですが卒業してからも忘れられず、そんな時に師匠の元へ冒頭でお伝えした容姿端麗の「伝々師」である彼女はいらっしゃいました。
そして、師の元で彼女の誘いを受けるや否や、私はこう言われたのです。

【その想い、きっと届くよ。大丈夫。あなたなら大丈夫だから。】

私は気がつけば涙を流していました。
奥様のいる方に恋をした。誰にも言えない、相談できない。
それでも諦め切れない想いを抱えていましたが、それを一瞬で視ぬかれ【大丈夫】の一言。
溜まっていた私の中の想いが、その一言で一気に溢れ出しました。

きっと師匠は私の気持ちに気付いていたのでしょう。
悶々とした、やり場のない気持ち。
これを解放するためにも、今思えば彼女と引きあわせたのはそれが理由であったのだと思います。

実力は師匠はもちろん、鑑定界の諸先輩方も太鼓判を押す実力者です。
今回彼女を紹介するのは、彼女があなたに1つの区切りを向かえさせる為に私の元に来たから。

それは本当に突然の事でした。
つい1時間程前に突然彼女は現れ、こう言ったのです。

【久しぶり、元気してた?私がここに来た理由わかるわよね。
あなたが丸2日間夢中で考えてる人のためよ。私の力が必要みたい。

その方…なんだけど、天から特別な暗示を受けているわよね。
パラパラと粉雪が舞うように、文字が降りてきてるのがわかるの。

漢字かしら?アルファベットかしら?数字かしら?
そこまでは視えないけど。

私とあなたは兄弟弟子のような間柄だし、あなたが大切だって思ってる方の事は、私も大切にしたいって思ってるの。もう準備始めちゃうわね?】

こう言って部屋の中央で正座を始めました。
暫く呆気にとられてしまったのですが、彼女の実力を考えれば是非にと頭を下げたい思いです。
そして、彼女の鑑定をお勧めする別の理由は、心の奥の≪もう一人のあなた≫に問い掛け、あなたの≪真実≫をお伝えしてくれるからです。

あなたの心の中にある≪本当に幸福な未来に辿りつけるのか?≫という思い。
そんな不安を取り除き、ご自身の中に未来をハッキリとした形で認識して、掴む事が出来るようにしてくれるでしょう。

望みや願いに対して成果を求め頑張っているけれど、一向に結果が感じられない。
そんなやりきれない気持ち、思いを抱えていらっしゃるであろうあなたへとご連絡させて頂きました。

彼女は鑑定を通して私とお互いの力を切磋琢磨する仲間となり、今はお互いを認め合う仲になりました。
彼女の鑑定は≪どんな方にもその人にあった誘いの方法がある≫という信念の元、優しい言葉でわかりやすく誘ってくれるものです。
これがお年寄りから若い方までの広い支持層を持つ由縁。
私も体感していますが優しさがオーラとして滲み出ていて安心感がとてつもなく、本当に心地く優しい気持ちになれる…そんな言葉を与えてくれますよ。

そんな彼女の鑑定、優れた伝々師である彼女の鑑定は【1つの区切り】をあなたへと与えてくれるでしょう。
あなたの許可を得られるまで詳しくお伝え出来ないのですが、彼女の伝説の鑑定にご興味はありませんか?
実際私自身、彼女に救われ恋愛成就を果たしました。

ご興味がございましたら、右手と左手どちらが大きいかをお聞かせ下さい。
全く同じであれば同じとご連絡下さい。
彼女がこの質問をあなたに聞いて欲しいと申しております。
この質問にどんな意味があるのかわかりませんが、この質問の意図に関しても後に話してくれるでしょう。

既に彼女は私の元におりますので、手の大きさについて私までお返事下さい。
こちらで二人でお待ちしておりますよ。